サメについて


サメは人間を除いた自然界の中で最もふさわしい捕食者ですが、実は恐竜が誕生する35億年前から存在しているのです。数多くいるサメの種類の中で、このツアーに登場してくるサメは、グレー・リーフ、ガラパゴス、サンドバー、そしてハンマーヘッドです。ハワイ神話では、ハワイそれぞれの島々でサメの神様が登場してきます。オアフ島で語り継がれてきたサメ神々の王様の名はカモホアリイ。パールハーバー沖に住んでいると言われているカモホアリイは、火の神ペレの兄として昔から親しまれてきました。カモホアリイの別の名はモホ。火の神ペレがタヒチを出る際、カヌーを手渡しハワイへ来る手助けをしたとも言われています。古代のハワイ人はサメの神様を祀る為、ヘイアウと呼ばれる神社を建て、必要な分だけと、サメを捕まえては肉や歯、皮などを使用していました。島々で違うサメの神がいるように、古代からハワイでは多くの家族がサメを守護霊や、アウマクアス(一族神)として祀っていました。この様に親しまれてきたサメが海底からケージ目がけて泳いでくる経験は忘れられないものになるでしょう!!

ガラパゴス・シャーク
galapagos shark
  • Chevron down 続きを読む
  • ガラパゴス・シャークの特徴はダークグレーの背中に薄白いお腹、尾は黒色をしています。1905年にガラパゴス諸島付近で発見された為、ガラパゴス・シャークと名付けられました。上顎の歯はのこぎりの様に三角形の形をしており、下顎の歯は上の歯と比べて狭まっています。平均的なサイズはおよそ3メートル程で、大きいものだと3.7メートルにもなります。主に底生性であり、海底から取れるイカ、魚、タコ等を餌として食べます。ガラパゴス・シャークは温水を好み、オアフ島ノースショア沖の水深60メートルから244メートル付近に多く生息しています。一度の出産で6から16匹、およそ57~80センチの子供を産みます。大きくなるまで子供たちは、大人のガラパゴス・シャークに食べられてしまわない様、浅瀬で暮らします。

サンドバー・シャーク
sandbar shark
  • Chevron down 続きを読む
  • サンドバー・シャークは沿岸付近の深海に多く生息する、ハワイでは一番人気のサメです。深海を好むため、沖に出ない限り滅多にお目にかかる事はなく、ハワイを訪れる観光客はシャーク・ツアーを申し込んで見に行かなくてはなりません。サンドバー・シャークは人間に対して攻撃的ではなく、興味本位でダイバーやスノーケルを楽しんでいる人に近寄っていきます。

ハンマーヘッド・シャーク
hammerhead shark
  • Chevron down 続きを読む
  • ハンマーヘッド・シャークは幅広く厚みのあるハンマーの様な形をした頭の両端に目がある、特徴的なサメの一種です。茶色っぽいグレーの体にお腹は薄白色、フィンはとても大きく尖っていて、とても鋭いのこぎりの様な歯を持っています。平均的な大きさは3.5メートルで約230キロで、記録的最大身長は6メートルにもなります。ハンマーヘッド・シャークは時には人間をも襲うとても凶暴な捕食者で、優れた嗅覚を使い、主にエイ、イカ、タコ、甲殻類や他のサメなどを餌とします。好物はアカエイで、得意のハンマーを使いエイを押さえつけ、その間にエイのヒレを食べていきます。ハンマーヘッド・シャークは沿岸付近の大陸棚と隣接した中深海水層から水深約80メートルの間の温水地に多く生息しています。熱帯地域や亜熱帯地域の世界中の海水に生息しており、夏には少し冷たい水を求めて移住していきます。また、ハンマーヘッド・シャークは胎生動物であり、一度に70センチもの大きさの赤ちゃんを20から40匹産みます。

グレー・リーフ・シャーク
grey reef shark
  • Chevron down 続きを読む
  • このツアーで遭遇する確率はとても低いですが、ハワイに住んでいるサメの情報をご紹介します。

    40種類ものサメがハワイ周辺の海に生息している中、グレー・リーフ・シャークは一番一般的なサメの一種です。ハワイ諸島北西部に多く生息しているのですが、時々岩だらけの場所や、急斜面付近で目撃されます。この種類のサメはリーワードサイドの海流の流れが強く水深320フィートから900フィート付近を好んで住みつきます。グレーの体に尾びれの先とフィンの下の方に黒い線が入っているのが特徴的なサメです。背びれに黒い線が入っているのがブラック・ティップ・リーフ・シャークで、入っていないのがグレー・リーフ・シャークです。ハワイに生息しているグレー・リーフ・シャークの大きさは6.2フィートで、寿命は少なくとも12年です。主にイカ、タコ、甲殻類や魚を餌とし、他のサメ同様に嗅覚が優れているため、獲物のいる所へ即座にやってきます。ロレンチーニ器官と呼ばれる小さな穴で、電位差を感知することが出来、夜でもどよんだ水の中でも獲物を見つける事が出来ます。この感覚を使用して地球の磁場を察し、移住や仲間を探したりに役立てます。

NorthShoreSharkAdventure_logo
espn outdoors logo

Check Out Our Other Tours!

Phone (808) 228-5900
Map Marker

Haleiwa Boat Harbor
66-105 Haleiwa Rd
Haleiwa, HI 96712